Loading

裁判例

三次会でのセクハラ

「三次会でのセクハラ 会社の責任は?」について春は、異動も多い時期で飲み会も増える季節かと思います。コロ…

個人の不法行為責任

「国立大学教授 個人の不法行為責任」事例は、某国立大学、大学院教授が留学生に対しセクハラ行為を行ったというもので…

得べかりし利益

「得べかりし利益」会社からずっと差別待遇を受けていた従業員2名が、会社を訴えました。これに対し、裁判所は…

職場のセクハラで親に慰謝料

「職場のセクハラで親に慰謝料?」について当該事件の原告は、当時18歳のアルバイト女性でした。会社はアパレ…

職務専念義務違反

「裁判所の見解」について。20年前の判例なのですが、卒業式で君が代斉唱を断って卒業式に欠席した教員が、減給、…

出向先でのセクハラ

「出向先でのセクハラ、どっちの責任?」についてこの判例は、東京高裁の判決で原審を覆して、セクハラの事実を認め、当…

使用者責任と環境責任

「使用者責任と環境責任」について使用者責任とは、雇用主の責任ですが、以下のケースの場合、この使用者責任が問えるのかが…

始末書の強要

「始末書の強要」について「始末書」とか「反省文」の様なものを書かされた経験がある方もいらっしゃるかと思います。…

配置転換が無効

私がサラリーマンだった時代(もう15年ほど前になりますが)、報復人事等とは全く違い、生産性の向上、人材育成の一環として同…

報復人事の慰謝料

報復人事の慰謝料っていくら?事例の原告は、とある会社の部長さん。今では副業を認める会社も増えてきています…

さらに記事を表示する
PAGE TOP