Loading

あおり運転の厳罰化

LINEで送る
Pocket

改正道交法がこの6月30日から施行されます。

そう。「あおり運転」の厳罰化です。

まず、あおり運転を「妨害運転」行為として新たに規定し、この妨害運転をしただけで、3年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

そして、更に、妨害運転により、高速道路上で相手自動車を止めたり、その他著しく危険を伴う行為をした場合は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金になります。

また、行政上は一発で「免許取り消し」処分を受けます。

かなり厳罰化されましたが、これは2007年の東名高速での悲惨な死亡事故を受けての改正であり、これ位厳罰になって当然の行為だったという事ですね。

トラックの運転手やタクシードライバー等、職業としてクルマを運転する方は、同時に職も失う事になると思いますので、一時の感情で危険行為をすることは絶対に避けるべきですね。

因みに、あおり運転の同乗者が問題になったニュースも有りましたが、今回の改正で同乗者も同様に免許取り消し処分を受ける対象となります。

関連記事

  1. 胎児に対する慰謝料
  2. 粗野・乱暴の罪
  3. プライバシー権の侵害や名誉毀損
  4. スマートフォン交通事故
  5. 同一労働同一賃金
  6. 火元の損害賠償請求
  7. プライバシー権侵害の不法行為
  8. 告訴不可分の原則
PAGE TOP