Loading

スマートフォン交通事故

LINEで送る
Pocket

交通事故では、

「気が付かなかった」
「考え事をしていた」
「ちょっとわき見をしていた」
「アクセルを踏み間違えた」

といったちょっとした不注意やミスが大事故に繋がります。

スマホ依存の世の中では、常に携帯を見ている人が増え、運転中も信号待ちなどで携帯を操作してしまったり短い通話なら大丈夫と電話に出てしまう人もいるかと思います。

所謂「ながら運転」ですね。

では、この「ながら運転」は何かの罪になるのでしょうか?

道路交通法71条5の5

「自動車又は原動付自転車を運転する場合においては、当該自動車等が停止している時を除き、携帯電話用装置等を通話の為に使用し、又は当該自動車等に取り付けられた若しくは持ち込まれた画像表示装置に表示された画像を注視しないこと。」
と定められています。

これによると、スマホ、携帯電話のゲームや通話は勿論のこと、
カーナビも「注視」してはいけない事になっていますね。

この「ながら運転」は厳罰化される方向にあり、今現在、罰金は6千円ですが、3倍程度引き上げられる見通しですし、
反則金の支払いを拒否した場合は、懲役刑を科せられる可能性もあります。

また、「ながら運転」が原因で事故を起こした時の罰則は、現在「3か月以下の懲役または5万円以下の罰金」ですが、これも「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」となる方向で話しが進んでおり、今後益々厳しくなることは間違いないですね。

法律が厳しくなるからという理由ではなく、ご自身を守る為にも「ながら運転」は絶対にやめましょう。

関連記事

  1. 改正児童虐待防止法
  2. 刑法一部改正について
  3. 日影規制とは(日照権の侵害) 
  4. いじめの相談
  5. 告訴(告訴の意義)
  6. 特定興業入場券の不正転売の禁止
  7. 騒音や振動を規制する法律(騒音規制法・振動規制法)
  8. 高齢者の交通事故
PAGE TOP