Loading

クレジットカード悪用

LINEで送る
Pocket

ショッピングの機会も増える時期、気を付けたい「クレジットカードの問題」についてご紹介します。

ご相談事例
『財布を落としてしまい、クレジットカードが勝手に使われてしまいました。この場合、私に支払の責任はないですよね?』

はい。基本的には御座いません。これは、契約の問題ですね。
クレジットカードを使って買い物をする時は、実は2つの契約をしているのです。

1つは、その商品の「売買契約」これはお店との間でなされます。

もう1つは、当該商品の代金に対する「立替払契約」です。これは、クレジット会社との間でなされます。

この2つの契約が有効に成立しているかどうかがポイントです。

契約が成立する為には、意思表示が必要です。
これは、口頭でも勿論成立します。

1 本当にその契約をする「意思」があって
2 その旨の「表示」を相手にする
ことで契約が成立します。

クレジットカードを悪用された場合は、当然この2つとも無いですよね。

なので、2つの契約はどちらも成立しておらず、支払義務は御座いません。

では、誰が損害を補填するのでしょうか。

それは、カードに付いている盗難保険です。

・財布を落とした
・友人にカードを悪用された
・スキミング詐欺に遭った
・フィッシング詐欺に遭った
・通販サイトの情報漏えい被害に遭った

これらはみな、契約の意思表示がそこに無いので、契約自体が無効であり、盗難保険でカバーされます。

ただし、友人にカードの名義を貸していた様な場合は保証されませんし、
家族による不正使用の場合も、保証されない場合がありますので、ご注意ください。※民法93条(心裡留保)

不正利用が発生してから60日以内にカード会社へ申告することもポイントです。

警察に被害届を出した場合は、受理番号を控えカード会社へ伝える事もお忘れなく。

関連記事

  1. 振り込め詐欺
  2. 生前贈与
  3. 相続の流れと対策
  4. 日影規制とは(日照権の侵害) 
  5. 時効取得
  6. マンショントラブル
  7. 弁護士に対する名誉毀損
  8. 「名誉毀損って、会社や団体に対するものでも主張できる?」を解説し…
PAGE TOP